前へ
次へ

家庭教師選びで男女差は気にする必要があるか

学校の担任の先生が男性か女性かなどで一喜一憂したことがあるかもしれません。
小学校だと比較的女性の先生が多いかもしれませんし、中学や高校となると男性の先生の方が多くなるようにも感じます。
イメージとしては女性の先生が優しく教えてくれそうで、男性の先生は時に厳しく時に楽しく教えてくれるイメージがあります。
ただ男性だから、女性だからでいい先生か良くない先生かの区別はつきにくいでしょう。
家庭教師に来てもらうときには男女の希望を伝えることができるケースが多いです。
一般的には生徒の性別と同じ家庭教師が派遣されることが多いですが、希望があれば男の生徒でも女性の先生に来てもらえますしその逆も可能です。
同性の先生だと友達のようにコミュニケーションが取れるメリットがあり、異性だと適度に緊張感を持ちながら教えてもらえるメリットがあるようです。
ただすべての先生に同じことが言えるわけではなく、性別より相性を見た方が良いかもしれません。

Page Top